早漏治療の手術には医学的根拠がない!?効果と危険性について

早漏治療の手術は、多くのクリニックで行われています。雑誌広告やクリニックのホームページにも数多く紹介されているものです。

ヒアルロン酸等のフィラー剤注入による手術

一般的な早漏手術は亀頭増大手術と同じで、ヒアルロン酸などのフィラー剤を亀頭に注射することで亀頭の感覚を鈍らせ、早漏防止効果を得ようとするものです。

フィラー剤の種類と効果の期間

フィラー剤の種類 効果の期間
ヒアルロン酸 半年程度
コラーゲン 半年~1年
アクアミド 5年程度
バイオアルカミド 半永久的

費用も10万円前後から20万円程度まであります。

ヒアルロン酸やコラーゲンは費用の割には効果の期間が短くコスパは良くありません。

かといって、アクアミドやバイオアルカミドは数年~半永久的に体内に残ってしまうため危険です。

  • ヤブ医者による下手な注射で形がいびつになる危険性
  • 数年後、フェラー剤がかたよって形がいびつになる危険性

入れるときは注射で簡単ですが、除去手術は亀頭を切開して取り除かなければならず完全摘出は困難とされています。

アクアミドについては発がん性があるとも疑われています。

陰茎背神経切離手術

名前から想像がつくと思いますが、ペニスの感覚神経を取ってしまう手術です。この手術を行っているクリニックは非常に少なく、行っているクリニックでさえもこの方法をオススメしていません。

一度神経を切除してしまうと、もう後戻りができません。全く感覚がなくなってしまったり、勃起障害を引き起こしてしまっても、もう戻れません。

本当によく考えて、納得し覚悟が決まってから行うようにしましょう。

費用は30万円で行っているところがあるようです。

そもそも早漏治療の手術には医学的根拠がない!?

医療雑誌「泌尿器外科」vol.26 no.9によると、

6.外科的治療

選択的陰茎背神経切離またはヒアルロン酸ゲル亀頭陰茎増大は早漏の効果的な治療法であるという証拠がない。手術は永久的な性的機能の喪失になるので、現在早漏の治療に推奨されない。

とされています。

つまり、早漏治療の手術はその効果に証拠もなく、性機能の喪失になるためオススメできるものではないということなのです。

 

結論

 

早漏治療のための手術は絶対にオススメできません!

 

手術をしなくてもトレーニングで自然に治す方法があります。

手術よりもはるかに安く、危険性もなく行うことができるスパーキー佐藤の早漏対策をオススメします。

コメントを残す