オナホールで早漏を治す方法

TENGA(テンガ)などに代表されるオナホール(通称オナホ)が、実は射精障害(早漏含む)の治療に用いられているってご存知ですか?

私はこの事実を知った時、衝撃を受けました。

オナホールは医療用語では「マスターベーションエイド」と呼ばれています。

オナホはもはや、ただのオナニー道具ではないのです。

オナホールは早漏の治療に用いられています

医療雑誌 泌尿器外科vol.26 no.9(医学図書出版㈱)1355頁の表2には次のように書かれています。

表2 射精障害の治療

~省略~

②腟内射精のみ不能(自慰射精可能)

 塩酸ヨヒンビン、行動療法、マスターベーションエイド

③射精までの時間に異常

 早漏:選択的セロトニン再取り込み阻害薬、行動療法、マスターベーションエイド

 遅漏:原因別治療、マスターベーションエイド

~省略~

いかがでしょうか。

早漏治療にマスターベーションエイド(オナホール)が用いられているという事実!

腟内射精障害では、TENGAを使った症例によりその有効性が報告されています。

早漏、遅漏については医療機関で治療する人が少ないため臨床が困難ですが、「有効であろう」と言われています。

なぜオナホールが早漏治療に使われるのか

なぜオナホールが早漏を含む射精障害に使われるのか。

それはズバリ女性器に近い感覚を得られるからです。

当然ですが手でオナニーする気持ち良さと女性器に挿入するセックスとでは気持ち良さはまったく違います。

そのため、いつも手でオナニーをしていては、セックスの時に腟の気持ち良さに圧倒されて一瞬で果ててしまうのです。

オナホールにより女性器の感覚に慣れさせることが射精障害ひいては早漏を治すことにつながるのです。

では早漏を治すためにはオナホをどのように使ったらよいのでしょうか?

以下で解説します。

早漏を治すためのオナホールオナニーの方法

セックスに近い感覚を得るためにはオナホ選びも重要です。

ここでは医療の現場でも使われているTENGAでのオナニー方法を紹介します。

オナホを温める

早漏を克服するためにはよりセックスに近い状況で身体を慣らす必要があります。

オナホは女性の腟に近い構造ですが、人肌に温めることでより腟の感覚に近づけることができます。

TENGAにはオナホを温めるためのウォーマー(別売り)があるので、そちらを利用するとよいでしょう。

あったかオナニーはじめよう。

参考動画:TENGA公式動画

注意点

重度の早漏の人は、あまりに女性の体内に近いため気持ち良すぎてあっという間に射精してしまうかもしれません。

最初は挿入後、動かさずに様子を見ましょう。

オナホ内の感覚がわかってきたら、1ピストンずつゆっくりと動かして慣れさせましょう。

その際、イキそうになってきたらすぐに止めてください。

長い時間することを意識して行ってください。

目安としては10分以上です。(多くの女性が満足できる時間と言われています)

AVを観ながらやる

オナホによる触覚だけでなく、AVを観ながらやることで視覚・聴覚もセックスに近い状況にします。

妄想や写真ではなく、動く女性の身体やゆれるおっぱいを観ながら&女性のあえぎ声を聴きながらやってください。

オナホと合わせると、触覚、視覚、聴覚が刺激されセックスへの耐性ができ、早漏改善につながります。

注意点

実際に女性とセックスをする状況に近いほうが良いので、アブノーマルなものは避けたほうが良いでしょう。

まとめ

  • オナホールは医療用語ではマスターベーションエイドと呼ばれ、早漏を含む射精障害に有効であると言われています。
  • オナニー時にオナホを温めて使用することで、女性器に近い感覚が得られます。
  • AVを観ながらやることで視覚と聴覚にも刺激が入り、相乗効果を得られるでしょう。
オナホのデメリット

オナホやウォーマーのコストがかかる。

そんなに高額ではないのですが、毎日となるとそこそこの費用になるかと思います。

1回 約800円なので、

1日1回で月に24,000円程度となるとちょっと高いですね・・・

オナホールでも早漏が治らない人は

重度の早漏の場合は、オナホだけでは治らないという人もいるかもしれません。

早漏の治療にはオナホの刺激だけでなく、「興奮のコントロール法」と「射精を我慢するための筋肉」のトレーニングが必要です。

この方法はAV男優がやっている早漏改善トレーニングなのですが、詳細はこちら↓↓の記事をご参考ください。

参考記事:スパーキー佐藤の早漏対策「早漏革命」を徹底レビュー

コメントを残す