インド製のED早漏治療薬って大丈夫なの?

早漏治療薬といえば、プリリジーやそのジェネリックのポゼットなどが浮かぶと思いますが、個人輸入のサイトを見ているとED治療薬と早漏治療薬が合わさったハイブリッド薬品も多く出てきます。

例えば、

  • スーパーカマグラ
  • スーパーPフォース
  • シルディグラ
  • スーパーフェルディナ

などその他多数あります。

そしてそれらの薬品の製造国を見るとほとんどがインド製になっています。

そもそもインド製の薬品って大丈夫なんでしょうか?

インドの薬品はコピー版!?

インドの特許は国際的な特許とは異なります。

世界的に薬品の特許は「物質特許」と「製法特許」の2つがあります。

しかし、インドでは昔「製法特許」しかありませんでした。

2005年に法改正で「物質特許」も認められるようになったものの、その効力は限定的で、特許認識についていまだ世界各国との間に差があるようです。

そのため製法さえ異なれば特許法に違反しないと考える企業が多く、多くのコピー版薬品が製造されているのがインド医薬品業界の実情です。

コピー版薬品は製法が違うためジェネリック薬品とは異なります。

インドではあくまで新薬としてコピー版薬品が製造されているのです。

コピー版薬品は安全なのか?

コピー版薬品といえど製造しているのはれっきとした製薬会社であり世界的にも一定の信頼性はあります。

コピー版ではなく正規のジェネリック薬品を製造している会社もあります。

日本でもこれらの薬品はジェネリック薬品ではなく、コピー版という位置づけではあるものの、自己使用のための個人輸入は認められています。

このことからも安全性についてはある程度信頼してよいと考えられます。

実際に日本でも多くの人が利用し、高評価であることからもそう言えるでしょう。

ただし、未承認薬であるため副作用には十分注意してください。

サイズも日本にはない大きさなため、使用の際はカットして少量から始めることをおすすめします。

偽物に注意!!

政府広報オンラインによると、インターネット購入(個人輸入)によるED治療薬の55.4%が偽造品という調査報告があります。(日本40%、タイ70%弱)

バイアグラなどの偽造品が出回っていることは知られていますが、最近ではカマグラなどのインド製ED治療薬も偽造品が多く流通しているそうです。

コピー版薬品は製薬会社が同じ成分で造ったものですが、偽造品は「誰が」「どこで」「どんな成分で」造ったものかわかりません。

偽造品の危険性について参考:スーパーカマグラの副作用と危険性

個人輸入には偽造品のリスクがあるということを知っておいてください。

個人輸入の薬品による健康被害は自己責任です。

まとめ

インド製のED早漏治療薬は一定の信頼があり、日本でも個人輸入は認められています。

口コミも多く高評価であることから、安全性についても高いものと考えられます。

 

ただし、日本では未承認薬であるため副作用には注意が必要です。

サイズも日本では規格外なためカットして少量から始めることをおすすめします。

 

個人輸入には偽造品が多く流通しており、その中にはカマグラなどのインド製ED治療薬も多いそうです。

安易に個人輸入に頼ることはおすすめできません。

 

当サイトでは、このようなリスクからも薬による早漏治療はおすすめしていません。

安全で自然なトレーニング療法による早漏治療をおすすめします。

参考:スパーキー佐藤の早漏対策「早漏革命」を徹底レビュー

コメントを残す