早漏が改善する筋トレメニュー|鍛える場所は?

筋トレは早漏を改善させるための1つの手段として挙げられます。

早漏の原因の多くが心因性といわれていますが、これはセロトニンの欠乏によるものです。

筋トレをすることでセロトニンの分泌が活発になります。

セロトニンには精神を安定させる働きがあるため、うつ予防、心因性の早漏に効果があるのです。

その証拠に、セロトニンの欠乏を防ぐ抗うつ薬SSRIは、海外ではうつだけでなく早漏治療にも用いられています。

AV男優にマッチョが多いのは見映えを考えてのことなのでしょうが、早漏改善にも役立っていたのですね。

では早漏改善には、鍛える場所や筋トレのメニューとしては何が良いのでしょうか?

全体的にバランスよく筋肉がついていることが望ましいのですが、早漏やセックスには特に次の筋肉を鍛えることが重要です。

  • 脊柱起立筋
  • 腹筋
  • PC筋

この3つの筋肉の鍛え方をご紹介します。

脊柱起立筋

脊柱起立筋とは背中下部にあるインナーマッスルです。

この筋肉は腰をふるのに必要な筋肉で、ここが弱いとすぐにバテてしまいます。

鍛え方

誰でも自宅でできる背筋運動(バックエクステンション)です。

うつ伏せになり足を固定して、背中をそらして上半身を持ち上げます。

足が固定できない場合のやり方としては、上半身だけでなく足も持ち上げてお腹だけが床についているような状態にします。

これを20回3セットなど自分の力にあわせて調整すると良いと思います。

腹筋

腹筋も腰をふる動きには不可欠な筋肉です。

腹筋と背筋がバランスよくついていることが重要です。

長時間、腰をふるためには腹筋がなければなりません。

鍛え方

自宅でできる腹筋の鍛え方はご存知でしょうが一応。

シットアップ・クランチ

あおむけになり足は固定し、上半身を起こす動作をします。

レッグレイズ

あおむけになり上半身は固定し、脚を上げる動作で下腹部を鍛えます。

 

これらも自分の力に合わせて回数調整をしてください。

PC筋

PC筋(pubo coccygeus muscle)とは骨盤底筋といい肛門の周りからペニスの根元までにわたる筋肉です。

骨盤底筋は深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の4つの筋肉から構成されます。

この筋肉は排泄をコントロールする筋肉で尿道と肛門を締める役割があります。

そしてこのPC筋は射精にも関係していて、ここが弱いとふんばりがきかず、自分の意思に反して射精してしまう原因になります。

逆に言えばPC筋は最後のふんばりに使える筋肉なので、ここが鍛えられればパートナーと同時にいくことや、パートナーを先にいかせてあげることが可能になります。

PC筋 プロの鍛え方は?

PC筋の鍛え方は、AV男優のスパーキー佐藤が行っている方法がおすすめです。

というのも、AVでは長時間腰をふれなければ仕事にならず、多くのAV男優がこのトレーニングをしているからです。

実績があるプロがやっている方法が効果的と考えましたので、そちらを紹介します。

鍛え方

お尻の穴を閉めるようにギュッと力を入れます。これを1秒してゆるめる動作を繰り返します。

これを10回3セット、できれば毎日やり、3週間継続して行います。

4週目以降のトレーニングやPC筋の有効な使い方、このトレーニングの詳細などは、こちら↓↓の記事をご参考ください。

AV男優スパーキー佐藤の早漏対策「早漏革命」を徹底レビュー

コメントを残す