早漏防止「セックス前にオナニー」はデメリットが多い

よく言われている早漏対策のひとつに「セックス前に一度オナニーしてからのぞむ」という方法があります。

セックス前に1度抜いてからがちょうどいいという人には効果的ですが、なかには「本番で勃起しない」「中折れする」「イケない」という口コミもあるようです。

口コミ

投稿者:匿名さん

早漏防止のためにセックス前にオナニーで軽く抜いておくようにしているんですが、いつも軽く抜こう軽く抜こうと思いながらも、エックスビデオなどを見ながらガン抜きになってしまいます。

結果、セックスしなくてもいい気分のままで女の相手をしなければいけなくなりつらいです。それだけならまだしも、早漏防止のための行為があだとなり、遅漏ぎみになってしまいます。

投稿者:匿名さん

早漏なんですけど、早漏のやつはセックスする前に自分で1回抜いとけって聞いたんですけど1回抜くとあんまり勃ちません。連戦できるようにするにはどうしたらいいですか?

人によっては使いづらい対策になるようです。

本番で勃たなくては本末転倒です。

その日の体調や気分によってもオナニーのタイミングが難しく難易度の高い早漏対策と言えます。

「セックス前にオナニー」はデメリットも多い

たとえセックス前オナニーで早漏防止ができたとしても、デメリットはあります。

本人のデメリットとしては、

  • セックスする気がしない
  • 気持ち良くない
  • 中折れする
  • イケない
  • 勃起しない

などがあります。

管理人の私自身もオナニーの後は賢者モードになり、とてもセックスなんて気分にはなれません。

場合によっては、

「今日は彼女に会いたくないな~」

なんて状態になります(笑)

 

また、パートナー側にもデメリットがあります。

  • 固さが足りず、気持ち良くない
  • 勃起不全や中折れで盛り下がる
  • 男性がいけないのは、女性も嫌

などが考えられます。

 

長く挿入できるようになっても、セックスが盛り下がっていては苦痛でしかありません。

セックスを楽しむためにしたはずの早漏対策が、逆の結果を招くこともあるのです。

初めてのセックスや記念日などのセックスは重要で、そんな時にうまくいくかわからない早漏対策をするのはリスクです。

そのため、この方法は早漏対策としてあまりおすすめしていません。

当サイトとしては根本から早漏を治すトレーニング「スパーキー佐藤の早漏対策」をおすすめします。

コメントを残す