あなたの早漏、「疲れ」が原因かも?

「最近、早くなった気がする」

と感じているあなた。

ひょっとして最近、疲れを感じていませんか?

現代人はなにかと疲労がたまりがちです。

その疲労が早漏を引き起こしているかもしれません。

現代人は疲労がたまりやすい

現代人は常に疲労がたまりやすい環境にあります。

  • 通勤、通学
  • 仕事、学校
  • 人間関係
  • 家族関係
  • 残業、休日出勤
  • 勉強
  • 引っ越し、転勤
  • 環境の変化

などなど、様々なストレス環境に置かれています。

とりわけ多いのは仕事や学校関係でしょう。

過度な仕事や勉強、長時間労働などが原因で疲れている人は要注意です。

疲れと密接に関係していますが、ストレスや寝不足で早漏におちいることもあります。

自律神経の乱れが早漏の原因に

疲れによって乱れた自律神経が、早漏の原因になることがあります。

参考記事:寝不足やストレスは早漏の原因になります

上の参考記事でも述べていますが、

自律神経には緊張モードの交感神経とリラックスモードの副交感神経があり、

射精は交感神経勃起は副交感神経が働きます。

交感神経は日中の仕事や学校での活動時に働きます。

例えば、

残業後、家に帰ってからもパソコンやスマホをいじったりしている人は、

交感神経が活動しっぱなしになります。

これにより寝るときに副交感神経への切り替えがうまくいかず、寝不足になります。

疲れはたまる一方で、この負の連鎖によって自律神経は乱れ、

交感神経ばかりが働く状態になってしまいます。

結果、セックス時に交感神経がバリバリと働きすぎてしまい、早漏になってしまうのです。

疲れをためない生活へ改善する

疲れは誰しも避けられないものです。

しかし、疲れを放置してはいけません。

少しでもリフレッシュできる環境をつくり、疲れをためないことを意識しましょう。

例えば、

  • 寝る前のパソコン、スマホはひかえる
  • 睡眠を適切にとる
  • 休日はゆっくりする
  • 趣味を楽しむ
  • 美味しいものを食べる

など。

無理に趣味を見つけたり、無理に出かける必要はありません。

かえって疲れてしまいます。

身近で簡単にできるものからでいいと思います。

疲れではなく、衰弱性早漏の可能性も

年齢が40代50代となると、また別の原因の可能性があります。

衰弱性早漏です。

これは加齢とともに射精を我慢するための筋肉PC筋」が衰えることで起こる早漏です。

射精時に精子がピュッと飛ばず、ダラダラと出る感じの人はこの衰弱性早漏の可能性があります。

参考記事:早漏の原因別治療法|早漏を完治させるためには

副交感神経を上手に使うテクニック

先述のとおり、緊張モードの交感神経の働き過ぎが早漏の原因になります。

逆に言えば、セックス時に副交感神経をうまく引き出すことができれば早漏にはなりません。

これはAV男優がやっているテクニックです。

AV男優は早漏では仕事にならないため、あるテクニックでセックス時の緊張(興奮)をコントロールしています。

興味のある方はこちら↓↓↓の記事をご参考ください。

参考記事:AV男優スパーキー佐藤の早漏対策「早漏革命」を徹底レビュー

コメントを残す